▼ 商品検索

▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ホーム真空管真空管関連品TecSol デジタルバイアス電流測定器 BiasKing
▼ TecSol デジタルバイアス電流測定器 BiasKing

クリックで画像拡大


この商品は“送料無料”
(代引の場合【代引き手数料】は別途いただきます。)


【真空管アンプ用デジタルバイアス電流測定器】
日本語取扱説明書付,日本語バイアス解説書付
コンサート会場,録音スタジオ,自宅でも使用できます!

《特長》
8ピンソケット(K8A)を用いたほとんどの真空管アンプに対応します。
EL34/6CA7,6L6GC/WGB,6V6GT,5881,6550C,KT66,KT88 etc...
接続するアンプ以外の外部電源は、必要ありません。
アンプから電源が供給されますので電池は必要ありません。 マッチドペアチューブを、簡単に選ぶことができます。

真空管はバイアス電流の設定によって、まったく異なったサウンドをつくりだします。バイアス電流を多くした場合、よりクリアでシャープなサウンドになります。逆に少な過ぎた場合、音の歪みが増加します。バイアスキング(Bias King)は、アンプに搭載されたチューブに、どの位の電流が流れているかを知る為の簡単で効率的な電流測定器です。アンプの真空管バイアス電流は、従来技術者によってのみ調整可能ですが、バイアスキングは、専門の技術者でなくても測定できる様に設計されています。バイアスキングは、アンプに使用されている真空管に、適正な電流が流れているかを、側面に印刷されたチャートや付属の説明書を用いて、簡単にチェックすることができます。(テスターにてプレート電圧の測定が必要です。) また、真空管を常に一番よい状態で保ちながら、求めているサウンドを維持していく為には、アンプのバイアス電流を周期的に調整することが非常に重要となります。頻繁にアンプを使用するプロは3ヶ月に一度はバイアス調整を行っています。バイアスキングがあれば、通常のバイアス値を変え、お客様の好みの音にチューニングすることが可能になります。良質な音質を保つには、マッチド(クァドランド)ペアの場合、個々の真空管のバイアス電流(カソード電流)が求めているサウンドの適正電流値より20%以上ずれたらバイアスの再調整が必要です。また、バイアス電流がバイアス調整範囲に入らない場合は真空管を交換する必要があります。Bias Kingは簡単にこれらの値をチェックできます。バイアスキングは、付属した1個のソケットアダプタで、瞬時にバイアス電流をチェックすることができます。バイアスキングプロは、付属した2個のソケットアダプタによって、2本のチューブを差し替えることなしに、スイッチによってバイアス電流をチェックすることができます。

・ 型番
BIASKING
・ 定価
24,480円(内税)
・ 販売価格
19,835円(内税)
・ 購入数