▼ 商品検索

▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ホームアンプその他アンプ関連品FX-AUDIO- ラインレベルアッテネーター AT-02J
▼ FX-AUDIO- ラインレベルアッテネーター AT-02J

クリックで画像拡大

【高精度 ラインレベル アッテネーターユニット】

好評販売中のラインレベルアッテネーター『AT-01J』の上位モデルとなる、
ゲイン3段階切り替え式 高精度ラインレベルアッテネーター『AT-02J』

単に「AT-01J」をベースにした上位機種ではなく、基本設計から音質を追求して新開発した新基板と、更に高精度となる『±0.1%以下』の高精度金属皮膜抵抗器の採用により、聴感上でご体感頂けるほどの大幅な音質とチャンネルセパレーションの向上を実現しました。
ゲイン3段階切り替え+パススルー機能という使い勝手とサイズ感、更にお求めやすい低価格はそのままに、高額な高精度アッテネーター製品と同等以上の精度と音質を実現しています。

FX-1002J+やFX502J-Sといったハイパワーなアンプの入力側に接続することで、小音量でもギャングエラーの出やすいボリューム位置を回避したり、
FX-501J/FX-1001Jのような純粋なパワーアンプの入力側に接続し、プリアンプを省くことでパワーアンプ単独のストレートな音質をお楽しみ頂くといった事が可能となります。
多段式のアッテネーターは安価なものでも数万円からと非常に高額な機器ですが、ゲイン設定を3段階と限定することで大変お求めやすい価格を実現いたしました。
PCオーディオも一般的となりソース側で音量調整可能なシーンが増えている中、機能を絞って価格を抑えたアッテネーターのニーズにお応えいたします。


【製品の特徴】
■新設計により極めた高音質
精度誤差±0.1%以下の高精度金属皮膜抵抗を採用し、更なる音質向上を実現。
単なる上位機種ではなく、下位モデル「AT-01J」の設計を大幅に覆した新概念の回路設計により、基板の分割・スイッチの左右独立化・基板パターン幅の最適化といった様々なギミックを盛り込んだアートワークで、チャンネルセパレーションを大幅に向上させました。
入出力端子には高品質金メッキ端子を採用、DIPスイッチも金メッキ端子部品を採用しています。

■3段階のゲイン設定に加えパススルー設定も
本体のDIPスイッチにより、3段階のゲイン調整(-6/-10/-20dB)に加え、パススルー設定が可能。
入力されたラインレベル音声信号を減衰させる事により、本機後段に接続するアンプ等でのボリューム開度範囲を変えるといった調整やプリアンプとの置き換えが可能となります。

■説明書不要のシンプル設定
設定は本体に印字されているので、確認しながら設定変更ができます。
PASS/-6/-10/-20dBの4種類の設定で、幅広いシチュエーションに対応します。

■堅牢で邪魔にならない小型筐体
幅40mm×奥行き55mm×高さ25mm(※突起部含まず)の小型筐体で、全体を細目のサンドブラストで仕上げています。


【注意事項】
※ゲイン設定は本機の入出力端子と接続している機器の電源を切断した状態で行ってください。
※説明書はございません。
本体に印刷されている設定表を見て設定してください。
例)-20dB設定の場合:スイッチR・Lの2番をONに、スイッチR・Lの1番と3番を共にOFFに切り替えます。


【製品仕様】
カラー:ブラック
入力端子:ステレオRCA端子(金メッキ仕様)
出力端子:ステレオRCA端子(金メッキ仕様)
採用部品:金属皮膜抵抗(精度誤差±0.1%)
機能:ゲイン設定(減衰)機能 PASS/-6/-10/-20dB 4段階切り替え
サイズ:幅40mm×奥行き55mm×高さ25mm(突起部を除く)
重量:63g


カートでご希望の数量がご注文できない方は
恐れ入りますが≪お問い合わせフォーム≫よりご連絡ください。

クリックで画像拡大


・ 型番
AT-02J
・ 販売価格
3,000円(内税)
・ 購入数