▼ 商品検索

▼ オススメ商品
▼ 売れ筋商品
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ホーム書籍・CD書籍誠文堂新光社”改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法”
▼ 誠文堂新光社”改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法”

クリックで画像拡大

【改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法 田中和成】


田中和成 著
誠文堂新光社 発行

本書は、2008年4月に刊行されたロングセラーの位相反転(バスレフ)型スピーカーシステム設計・製作例の改訂版です。
唯一実用になる低音再生用のエンクロージャ「位相反転型エンクロージャ」の設計法の研究書です。スピーカユニットの規格や内容積、チューニング周波数の求め方、設計例などを解説します。新たな知見や設計例を増やすなどした改訂版です。


スピーカーにはカーオーディオ用の高品質ユニットなども採用し、新たに設計し直して製作した低域用エンクロージャーの実測データを掲載。
低域再生におけるユニットの能力を最大限に引き出すために、エンクロージャーとバスレフダクトなどを理論的に設計し、5例の新作を掲載しています。

■目次
口絵 オーディオルーム

◇第1章 スピーカユニットの規格を求める
1-1 スピーカユニット単体でのインピーダンス特性
1-2 振動系等価質量を求める
1-3 出力音圧レベルを求める

◇第2章 スピーカユニットに適したエンクロージャ内容積を求める
2-1 システムとしての共振峰先鋭度の最大値を求める
2-2 αの基準値と許容範囲を求める
2-3 エンクロージャ内容積を求める
2-4 エンクロージャの寸法を求める

◇第3章 位相反転型エンクロージャにおける チューニング周波数を求める
3-1 位相反転型エンクロージャの動作原理
3-2 チューニング周波数の最適値を求める
3-3 チューニング周波数の適合範囲を求める

◇第4章 位相反転型エンクロージャにおけるダクトのすべて
4-1 ダクトにおける音波の振る舞い
4-2 ダクト断面形状を考える
4-3 ダクト開口面積の基準値を求める
4-4 理想条件およびインピーダンス特性についての考察
4-5 真円直管の機械的長さを求める
4-6 矩形ダクトの機械的長さを求める
4-7 ダクトの開口位置を求める
4-8 見なし長さの波長による依存性の考察
4-9 ダクトを複数とした場合の考察
4-10 ダクトの形状についての考察
4-11 チューニング点の適合範囲を求める

◇第5章 設計例
5-1 設計例1 169リットル・エンクロージャ+フォステクスW300A
5-2 設計例2 210リットル・エンクロージャ+JBL2226H
5-3 設計例3 46.2リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W252PRS
5-4 設計例4 137リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W3000C
5-5 設計例5 513リットル・エンクロージャ+JBL2235H

"カートでご希望の数量がご注文できない方は
恐れ入りますが≪お問い合わせフォーム≫よりご連絡ください。
"


・ 型番
SEKAITEIISOU
・ 販売価格
3,300円(内税)
SOLD OUT